アカウントとは

アカウントとは、スマホやパソコンを利用してインターネット上の様々なサービスにログインするための権利のことです。お店などの会員登録のようなイメージです。

 

例えば、LINEやTwitter・FacebookなどのSNSを利用する場合やamazonや楽天で買い物をする場合などには、「事前にアカウントを作成(登録)してください」と表示されます。

 

これは、「事前に権利を取得(会員登録)してください」という意味なのです。

アカウントの意味

なぜアカウントが必要になるのでしょうか。

 

パソコンやネット上のサービスを利用する時、そこには様々な個人情報が使用されます。 例えばamazonや楽天などの通販サイトを利用する場合、氏名・住所・生年月日・電話番号、さらにはクレジットカード情報など多くの個人情報が必要になります。

 

しかし、こういった情報を他人に知られてしまうと不正にカードを使われたりといった危険性が出てきます。 そこで、これら重要な個人情報とその持ち主を結びつけるために必要になってくるのがアカウントなのです。

 

アカウントの種類

アカウントにはiPhoneやアンドロイド端末を利用する際に必須となってくる「Apple ID」や「Googleアカウント」をはじめとして、 dアカウント(docomo)のようなケータイキャリア(会社)が発行するもの、通販サイトを利用する際に取得するものなど様々なアカウントが存在します。

その他にも、windowsパソコンを使う際に作成するユーザーアカウントや、電子メールに必要なメールアカウントなどもあります。

 

近年アカウントの利用実態として独自の傾向を見せているのがSNSアカウントです。 Twitterやインスタグラムにおいて、目的やフォロワーに応じて複数のアカウントを使い分けるという傾向が一般化してきています。

 

IDとパスワード

アカウントは通常、IDとパスワードの2つがセットになっていて、この2つを入力することで本人確認ができる仕組みになっています。

 

IDとは、個人を識別するためのもので会員番号や名前にあたるものです。 基本的に最初の登録から変更することはできず、退会するまで同じIDを使い続けることになります。

サービスによってはユーザーIDやユーザー名という呼び方をする場合があり、My docomoやMy SoftBank・My auのような携帯電話の会員ページにログインする際には携帯電話番号がIDとして利用される場合もあります。

 

一方、パスワードとは本人確認をするための暗証番号のようなもので、いわば”カギ”の役割をはたすものです。 パスワードは他人に知られてしまうと不正ログインされたり成りすましの被害にあう危険性があるので、絶対に知られてはいけません。 そうした不測の事態に対応するため、パスワードはいつでも変更することができます。

 

ログインとは

パスワードを入力してアカウント(個人情報)にアクセスすることです。

 

スマートフォンやパソコンではインターネット上の様々なサービスを利用する際に、予め登録しておいたアカウントにIDとパスワードを入力することでログインをすることでそのサービスを利用することができます。

ログオン、サインインとう言葉もありますが、どれも意味は同じです。